印鑑の製作工程|象牙印鑑・象牙箸の激安専門店 象牙家.com

象牙印鑑・象牙箸の専門店【象牙家.com】にようこそ!
ご注文方法お支払い/送料お客様の声よくあるご質問お問い合わせ特商法表示
象牙家 TOP
象牙印鑑
一等印刻師 遅澤流水による完全手彫り印鑑
個人 実印
個人 銀行印
個人 認印
象牙 箸
象牙箸
象牙箸(夫婦箸)
象牙 逸品
幻の逸品

象牙家 TOP > 印鑑の製作工程

手彫り印鑑の製作工程について

【象牙家.com】では、一等印刻師・流水が完全手彫りですべての象牙印鑑をお作りしております。
ここでは流水による実際の作業写真を交えながら、手彫り印鑑の制作工程について、
わかりやすくご説明させていただきたいと思います。

手彫り印鑑の製作工程1・面訂 面訂
まず最初に、面訂(めんてい)という作業を行ないます。
ひとことで言うと、印面を平らにする作業です。
印材は天然物のため、肉眼では確認できない程度に若干、印面の中央が凹んでいたり、スジが入っていたりすることがあります。それを修正しきちんと美しくご捺印いただけるよう、トクサで印面を擦って平らにします。
慣れないうちは力加減が難しく、なかなか完全な水平にはなりませんが、慣れてくるとたいへん美しい水平ができるようになります。

手彫り印鑑の製作工程2・朱打ち 朱打ち
印面が完全な水平になったら、筆で字入れする文字の線を粗彫りのときに確認しやすくするために、字入れに先んじて朱色の墨を印面に対して均一に打っておきます。これを「朱打ち」といいます。
この朱色の墨が残った部分が印鑑の”溝”となりますので、後の粗彫りではここを彫っていくことになります。
朱打ちも含め、墨打ちは簡単な作業のようですが、印面に均一に墨を打つのはなかなか難しいもので、流水も入門したての頃は父によく叱られたものです。

手彫り印鑑の製作工程3・字割り 字割り
分指し(ぶさし)という定規のような道具を使って印面に線を引き、最も美しいデザインになるように文字の配置やバランスを決めていきます。
この作業を「字割り」といいます。
出来上がりの印象に大きく影響を与える工程となりますので、文字の密度の具合や全体のバランスなどを考えながら、じっくり時間をかけてもっとも美しい仕上がりになるよう、何度も修正を重ねて熟考します。

手彫り印鑑の製作工程4・字入れ 字入れ
文字の配置やバランスが決まったら、いよいよ小筆で文字を直接、印面に書き入れます。
印鑑ですので、当然ながら逆字(鏡文字)で書きます。
作り手の手彫り職人によってまったく異なる美しさが表現される、非常に奥深い作業です。
この出来が美しくないと、いくら綺麗に彫っても満足できる手彫り印鑑にはなりませんので、朱墨で何度も何度も細かく修正を重ねながら、納得いくまでデザインを練り上げます。
流水はこの字入れ作業に2、3日かけることも多くございます。

手彫り印鑑の製作工程5・粗彫り 粗彫り
字入れが出来上がったら、いよいよ粗彫りという最初の彫刻工程に入ります。
字入れにおいて墨で書き入れた文字の線以外の部分(朱墨が残った部分)を、文字を傷つけないように細心の注意を払いながら、印刀で丁寧に丁寧に彫っていきます。
仕上げ彫りとともに、流水の真骨頂である流麗な刀さばきが冴えわたる工程のひとつです。
ちなみにこの粗彫りの作業で1、2日程度がかかります。

手彫り印鑑の製作工程6・面擦り 面擦り
粗彫りが納得のいく仕上がりになったところで、再びトクサで印面を擦り、一度打った墨を落とします。
字入れ工程において何度も墨で細かな修正を重ねますので、書き入れた墨にはどうしても凸凹が残り、手彫り印鑑の捺し心地に影響してしまうため、トクサで擦って一度、墨を落としきります。
大変な手間と思われるかもしれませんが、よりよいご使用感の手彫り印鑑に仕上げるためには、絶対に欠かすことのできない作業です。

手彫り印鑑の製作工程7・墨打ち 墨打ち
仕上げ彫りのときに粗彫りで彫った文字の輪郭を確認しやすくするために、面擦りで墨を落とした印面にもう一度、今度は完全に印面に対して均一になるように墨を打っていきます。
仕上げ彫りの美しさの完成度を高めるためには欠かすことのできない、大切な作業です。

手彫り印鑑の製作工程8・仕上げ彫り 仕上げ
仕上げ刀で精魂込めて、納得いくまで文字や枠を仕上げます。流水の真骨頂である流麗な刀さばきが存分に発揮されます。この仕上げを完璧に施すことにより、流水の特長ともいえる、文字に生き生きとした躍動感が生まれます。まさに流水が全身全霊で印鑑に”生命”を吹き込む、最も大切な工程と言えます。わずかコンマ数ミリの微調整が、何日も何日も続きます。
※仕上げ彫りといえば文字だけに注目が集まりがちですが、流水の手彫り印鑑の枠は欠けにくくなるよう、土手の部分を厚く仕上げて耐久性をより高める工夫をしております。

手彫り印鑑の製作工程9・試し押し 試し押し
納得がいくまで一心不乱に仕上げたら、いよいよ紙に試し押しをして、彫り残しがないか、イメージどおりに仕上がっているかなど、出来映えをしっかりと確認します。
一等印刻師である流水といえども、自分ではこれでよしと思っていても、実際に紙に押してみると修正すべきポイントがはっきりと浮かび上がってきますので、ここからまた気の遠くなるような調整作業が始まります。

手彫り印鑑の製作工程10・最終調整 最終調整
流水が一度で納得できることは絶対に有り得ないため、試し押しを重ねながら、イメージどおりになるまで何度も何度も仕上げ刀を握り、納得のいく仕上がりになったらようやく1本完成です。
流水の性分から、納得がいくまでは絶対に完成品とはしないため、ご注文いただいた手彫り印鑑が出来上がるまでに10日程度がかかります。
何日もかけて一心不乱に制作した作品が最高の出来に仕上がったとき、それが流水が最も幸せを感じる瞬間です。

ページTOPへ

象牙印鑑の彫刻士
匠・遅澤流水について
「一等印刻師」とは?
「伝統工芸士」とは?
匠が歩んだ道
匠の受賞履歴
代表作品ご紹介
象牙印鑑について
書体について
サイズ・文字数
象牙印材について
旧字体での作成
製作工程について
象牙箸について
象牙箸へのこだわり
象牙箸ができるまで
長寿・健康を祈る箸
その他
納期について
返品・交換について
10年保証について
FAXでのご注文
個人情報の取扱い
サイトマップ
当店でのご注文について
当店について
象牙家.com
〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島6丁目2番3号217
TEL 06-6305-0977
お問い合わせはこちらからどうぞ
納期について
商品の製作はすべて手作業でさせていただいて
おりますため、ご納期はご注文日より2週間程度での
お届け予定となります。
※ご注文の混雑状況により、若干前後する場合が
ございますことを予めご了承くださいませ。
配達について
商品のご配達は、ヤマト宅急便または
ヤマトコレクトサービスでの配達となります。
(一部、佐川急便/佐川e-コレクト/日本郵便EXPACKでのお届けとなる場合がございます。)
※配達時間帯は下記よりお選びいただけます。
時間帯
送料について
象牙家.comでは、5,250円(税込)以上のお買い上げで全国送料無料となります。(沖縄・離島を含む)
※合計金額 5,250円(税込)未満の場合は、
全国一律525円(税込)を頂戴させていただきます。
商品代金 送料
5,250円以上 全国送料無料
5,250円未満 一律 525円(税込)
お支払について
1.クレジットカード決済
クレジット決済は手数料無料でご利用いただけます。
以下のカードがご使用可能でございます。
VISA/JCB/AMEX/MASTER CARD/DINERS/
UC/三井住友カード/Saison/楽天KC


2.代金引換(代引き)
商品代金5,250円(税込)以上で代引手数料が
無料
になります。5,250円未満は手数料として
315円(税込)を頂戴いたします。
商品代金 代引手数料
5,250円以上 代引手数料無料
5,250円未満 315円(税込)

返品交換について
弊店でご製作しております象牙印鑑・象牙箸などの
製品は、ご注文をお受けしてから一つずつ手作業で
お作りするという商品の性質上、お客様のご都合によりますご返品・ご交換はお承りいたしかねますこと、
何卒ご了承の程、お願い申し上げます。
商品のご製作には万全の注意を払っておりますが、
万が一不備がございました場合は、商品到着日より7日以内にお問い合わせフォームよりご連絡をお願いいたします。最優先にてご対応させていただきます。
個人情報について
象牙家.comでは、お客様の大切な個人情報は、
当社の業務遂行のためにのみ利用・管理し、
運搬業務以外の第三者に譲渡・漏洩することは
一切ございません。厳しい管理体制のもと、
日々の業務に励んでおりますので、どうかご安心して
ご利用下さいませ。
個人情報の取り扱いについて
免責事項について
商品のご製作やご発送時期には細心の注意を
払っておりますが、万が一の商品の不具合や
延着などでの一切の責は負いかねますので、
予めご了承くださいますようお願い申し上げます。
copyrights(c) 象牙印鑑と象牙箸の専門店 象牙家.com All rights reserved.